【星屑屋台】 フードトラックプロジェクト

2018/03/26

先日、スコーレ高校では、
星屑屋台(フードトラックプロジェクト)ワークショップが開催されました。

調理選択者と美術工芸部の皆さんが参加し、
ポリエステルで出来たシートで食材を入れる容器を作りました。

容器も食材も私たちも、ほとんど同じものでできている。
そんなことを考えながら折りました。
 


「星屑屋台」

アーティストのコンセプトのもと、移動先で土地の食材で調理を行い、
活動をともにした人、支援を必要にするような人とともに食すという内容。
本校での実施としては、ミゲルシェフを中心に調理が行われ、
筑波大三谷教授指導の折り紙食器にて食す。

企画者
ホセ・マリア・シシリア氏
(スペインでトップ3に入る、美術史上も現代のキーになるレベルの芸術家)
共催料理人
ミゲル・デ・トーレス・グアハルド氏
(スペインの三ツ星シェフ/pan y Cebolla クッキングスクール校長・オーナー)
食器協力
筑波大学 三谷純 教授
(折り紙の構造研究者、映画「シン・ゴジラ」や「デスノート」に作品を提供)
 

ページの先頭へ戻る